読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考と表現の日々

日々思ったこと感じたこと 手書きだったり写真だったり

妻の愚痴

 妻の愚痴を聞かされてしんどい思いをしているご主人方へ

 

 毎回毎回同じ内容で、何の進展のない愚痴を聞かされてイライラしているご主人方へ

 

 女性は結婚、出産、子育てで今まで友人だった人であっても共通する会話のない相手とは疎遠になっていく場合があります。

 我が子のためには友達の家を陥れる女性もいます。友達のフリしてターゲットの家の情報を聞き出し、窮地に陥れることなどいとも簡単にできてしまう人がいます。一緒にいる時は仲良く会話していても、いざいなくなると悪口ばかり出る場合があります。この場合は、完全にその相手が嫌いというわけではなく、不満がある部分があると良い場合があります。付き合っていることがプラスなんだけど、ここは残念だというところがある場合です。

 そういう経験を子供の頃からしているうちに、本音を話せる相手が配偶者のみになっていきます。本当は裏切らない相手であっても、疑う感情を持ちつつ接しています。

 

 そういう背景があるのです。悪い感情を吐き出して、気分を切り替えて前に進もうという思いもあるのです。それと、まだ善悪の判断が完全にできていない子供の前では悪い自分を出すべきではないという親の自覚もあるのです。(子供同士で本音を喋った結果、大きな揉め事につながります。建前だけで話をするのは人を傷つけないためでもあります)

 

 時折、自分は変わるつもりはない、変わるべきは他人だと一切聞き入れない人がいますが、そういう人が妻だった場合は諦めましょう。治りません。たとえ、離婚になっても変わりません。もう成人をとうに超えた人が変わるのは相当な状況です。

 

 でも、妻の愚痴を聞いてある程度すっきりするならば婦人の心身の不調からくる病気は減るのではないかと思っています。次から次へと不満やマイナスの感情が溢れてくる人の場合は聞き手の方が病気になりそうです。女性の方で、そういう要素があると思ったら夫が聞き流すのを許しましょう。