読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考と表現の日々

日々思ったこと感じたこと 手書きだったり写真だったり

対案を出さないでいい立場

 参議院選挙が終わった。

 思ったほど野党が負けない結果に終わった。

その理由が「野党は反対と主張してばかりで対案を出さない」という批判からくるもの。

「反対というだけで十分対案じゃないか」と言う向きもある。

しかし、それが国会議員に通じるわけがない。

議員は法律を作る権限がある。

対案を出さないで反対だけだと

「わたしたちは法律を作れません」

と主張しているも同じだ。一般国民なら対案無しで反対するのはまだ許されるが(一般国民が対案を作ってもいい、実現させるには議員に伝える)、議員が法律を作れないとなると、本来の職務は果たせないわけで・・・。